アルフレッドBLUE~Seven Standard and a Blues
ロック、ポップス、フュージョン、ブルーズ、ちょっぴりクラシックも!。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TROUBLE NO MORE singles(1955~1959) / MUDDY WATERS
MW TRO

1 Sugar Sweet
2 Trouble No More
3 All Aboard
4 Don't Go No Further
5 I Love The Life I Live, I Live The Life I Love
6 Rock Me
7 Got My Mojo Working
8 She's Got It
9 Close To You
10 Mean Mistreater

1955~1959年、ベスト盤

Muddy Waters (vo)
その他

マディ・ウォタースの50年代のシングル曲を集めたベスト盤。
自身の充実とシカゴブルーズの完成とを合わせ持つ良盤。
渋い独特の声が素晴らしい。

音源ですが。。。。
昨年発売されたCDで聴いております。
実は10曲しか収録されておりません。
LPに習ったような気がしますが、忍とも勘とも。
国内盤CDは2曲追加で14曲らしいのですが、、、、ツジツマが合わない。。。いずれにしても消えた2曲と追加曲2曲が聴きたい。
音ですが50年代の録音にてブルーズの雰囲気が良く出ており比較的良好なり!。
どうも70年代後半の録音とは別物の印象を受けまして、困惑しております。
どうやらブルーズもジャズ同様1960年代頃までの録音にトドメを刺すのかも知れません。

私はこの音源を気に入りましたので、いずれはLPがあればLPを導入したり追加曲入りのCD等も探してみたいと思う次第なのですが。。。
RCA ブルースの古典 ~ THE BLUES 1927-1946
the blues

1926年~1946年録音

タイトル通り、ブルースの古典でござります!。
実は、MWを源流とするシカゴ・ブルーズに少し馴染めない私がおります。。。
何故か?
それは、音に新鮮味が有るのですが洗練され過ぎておりまして、泥臭さを少し失っておりまして
忍とも勘とも!。

この度の音源は、ライナーノートを読みますと、「 洗練されたブルーズとは違う戦前のブルース 」
の様な事が書かれておりましたが、納得ですね。
1920年代、30年代はまだ、プランテーションの肉体労働が終わったあと、仕事が終わった夜に
演奏されていたようでして、力の抜けた演奏のように思えます。
MWの時代は、ブルーズを職業としておりまして、良い意味での素人臭さが抜けており、うーん
何かが、やはり欠落して折るように感じます。

音源ですが。。。。
CDで聴いております。
音質をどうのこうの言うブツではありません。
現代の機器では、聴く事をお勧めしません。
多分現代の機器で聴いた場合は、砂を噛むよな、味気なさ、かもしれませんが、古めな機器では良い塩梅に
思えます。
現代の機器でも真空管アンプをご使用ならば良さが引き出せそうです。。。

仕事が終わった後に、アルコール、特に焼酎を飲みながらこの音源を聴く事は至福の一時に思えてなりませぬ。
この音源は、ジャスやロックその他、現代の音楽の原点ですので聴いてみて欲しいと切に願います。
The Rolling Stones / Sticky Fingers
Stones.jpg

1. Brown Sugar
2. Sway
3. Wild Horses
4. Can't You Hear Me Knocking
5. You Gotta Move
6. Bitch
7. I Got The Blues
8. Sister Morphine
9. Dead Flowers
10. Moonlight Mile

1971年発売

Mick Jagger (vo、g)
Keith Richards (g、vo)
Mic Taylor (g)
BIll Wyman (b、Key)
Charlie Watts (ds)
その他

ストーンズの最高傑作とも言われております音源。
1曲目からノリの良い曲でして、グイグイと引き込まれる。
一貫してノリの良いブルース風味ロックでブルーズ事始には最適か。。。
間違いなく、ストーンズの70年代の最高傑作に思えます。
素晴らしいので聴いてみて欲しいと思う次第です。


この度は2009年にリマスターされた音源をSHM-CD化されたもので聴いております。
以前から、この音源を欲しい欲しいと思っておりましたが、音質に納得いかずに仕方なく、旧盤を〇タヤさんのブツでお茶を濁しておりました。買い替えましたので胸を張って記事にした次第。
この度は、EMIから権利がユニバに移りクリアで力強いCDとなったようで嬉しく思います。
旧盤の音に納得がいかない方、更なる音の高みを目指す方には是非ともお勧めしたいと思います。

2011年、謹賀新年!
今年も宜しくお願いいたします。

読者殿に今年も幸多き事をお祈りいたしております。

年始から、物申せば今年は購入するべき音源は、新譜であるのかよー、と言った所でしょうか。
購入すべき音源とはいかに!。
Something Jazzy のような気もしますが、このブログではあまりジャズを取り上げておりませんので、ジャズの原型で有りますブルーズに根ざす音楽を引き続き研究したいと思う次第。

ぶっちゃけ、旧譜のリマスター盤でしたら欲しい音源はいくらでもあるのですが、がまん、ガマン、我慢しる!。
それと今、再生する機械に少し興味が出てきたので機械についての記事を増やすかも、ですが。。。。

用意はできたぜ!~MUDDY WATERS / I’m Ready
MUDDY_20101120160639.jpg

1 I'm Ready
2 33 Years
3 Who Do You Trust
4 Copper Brown
5 I'm Your Hoochie Coochie Man
6 Mamie
7 Rock Me
8 Screamin' and Cryin'
9 Good Morning Little School Girl
10 No Escape From the Blues - (previously unreleased, Bonus)
11 That's Alright - (previously unreleased, Bonus)
12 Lonely Man Blues - (previously unreleased, Bonus)

1977年録音

マディ・ウォタースの最晩年頃の録音。
プロデュサーはジョニー・ウィンタース。
内容は過去の50、60年代の黄金期の再演にあるようだ。
ジャケットのイラストが印象にのこり入手。

音源はCDで聴いておりまする。
このCDはリマスター音源ながら500円玉とジュース代程度で最近購入したのですが、非常に満足感が高い!。
ボーナス曲が3曲ほど追加されておりまして素晴らしく思える。
新品特価だそうですが、ウニーに感謝せねば!。
ただ蜂の一刺しならぬ、まるせいご の一噛みをするならば、真空管アンプで聴いていただきたい。
音がちょっと現代的で軽めに感じましたので真空パワーでガッツモリモリで聴いていただきたいと思う次第。
私のようにブルーズの音源をあまり持たない者には、このようなCDは肥やし盤か・・・
この度のシリーズは3部作にてあと2作ほど音源がある。
これらも廉価盤ですのでいずれはGETしたい。




LightNIN' Hopkins / Best Blues Masters
lightnin.jpg

01. How Many Move Years I Got To Let You Dog Me Around
02. Wailkin' This Road By Myself
03. The Devil Jumped The Black Man
04. My Baby Don't Stand No Cheating
05. Black Cadillac
06. You Is One Black Rat
07. The Fox Chase
08. Mojo Hand
09. Mama Blues
10. My Black Name
11. Prison Farm Blues
12. Ida Mae
13. I Go A Leak In This Old Bullding
14. Happy Blues For John Glen
15. Worried Life Blues
16. Sinner's Prayer
17. Angel Child
18. Pneumonia Blues
19. Have You Ever Been Mistreated

1962年録音

Lightnin' Hopkins (vo,g)




ブルースの音源を集め始めたころに入手したCD。
繰り返し繰り返し、なめるように聴いております。
心地よい演奏。

音ですが。。。
聴く時間は、夜の8時ごろでは まだ早いような気がしております。
大体夜の10時半くらいからが、雰囲気も良く寝酒?か子守唄代わりに聴いております。
この分野、ボーカルは男声がほとんどで残念ながら現在主流の音楽用のスピーカーでは、深い所の味が不足気味
にて忍とも勘とも。
仕方なく古めのスピーカーで聴いておりまする。
以前ブルーズBar へ行った時に置いてあったSPはALTECでした・・・・

この音源についてはもう少し掘り下げてみたいと思う次第です。

推薦AOR! ~ AIRPLAY / ロマンティック
AIRPLAY2.jpg
01 STRANDED
02 CRYIN' ALL NIGHT
03 IT WILL BE ALRIGHT
04 NOTHIN' YOU CAN DO ABOUT IT
05 SHOULD WE CARRY on
06 LEAVE ME ALONE
07 SWEET BODY
08 BIX
09 SHE WAITS FOR ME
10 AFTER THE LOVE IS GONE

1980年発売

DAVID FOSTER (KYB、BVo)
JAY GRAYDON (G、BVo)
TOMMY FUNDERBURK (Vo)

JEFF PORCARO (DS)
STEVE LUKATHER (G)
その他



読者の皆様、こんにちは。
おかわりは、ございませんか?
私は、猛暑の為か体力温存のためにこのブログは休んでおりました。
楽しみにしていた方々には申し訳ないです。
最近、涼しくなりましたので再び、こちらにも書くことにしました。
これからも宜しくお願いいたします。

売れっ子のプロデューサー デヴット・フォスターとジェイ・グレイドンが組んだ AORの大名盤!。
何度聴いてみても素晴らしく思えまして心地良い世界に誘ってくれます。
サイドメンも素晴らしく、TOTOのジェフ・ポーカロやスティーブ・ルカサーも加入しましてAORの風味が増した良い演奏。

音源ですが、色々有りましてカセットでしばらく聴いていた時期がありました。
2006年頃に紙ジャケCDを入手したのですが、運悪く傷盤に当たりまして音飛びが激しく止む無く返品と相成りました。
それで近年になって中古盤を導入して聴いております。
悩ましいのは、この10月にブルースペックCDが専用リマスタリングを施され発売されるとの事。
注目しております。
ただこの秋は欲しいもの一杯あるので忍とも勘ともなのです。

車の中で聴くのも良いと思われます。
未聴の方は聴いてみて下さい。
AERO SMITH / ROCKS
rocks.jpg

エアロスミスの最高傑作!。
素晴らしく思える。
これを聴けば、ロックが熱かった1975,6年頃を思い出す方もいらっしゃると思います。
ノリノリのハードロックで車の中や昼間にガンガンと掛けて聴くには持って来いの音源。
ジャケットも良く気に入っております。

最初はカセットテープで聴いておりましたのでLPが欲しいと思っておりましたが、時代はCDになりまして紙ジャケCDが発売されたので飛び付いた次第。
これは、リマスターが新しくなく忍とも勘とも。
最近発売された高音質CDでは最新のリマスターがされている事を祈ります。
大名盤!~ MUDDY WATERS / FOLK SINGER
muddy_.jpg

1. My Home Is in the Delta
2. Long Distance Call
3. My Captain
4. Good Morning Little Schoolgirl
5. You're Gonna Need My Help
6. Cold Weather Blues
7. Big Leg Woman
8. Country Boy
9. Feel Like Going Home
10. Same Thing [*]
11. You Can't Lose What You Never Had [*]
12. My John the Conqueror Root [*]
13. Short Dress Woman [*]
14. Put Me in Your Lay Away [*]

1963、64年録音

Muddy Waters(vo、g)
Buddy Guy(g)
Willie Dixon(b)
Clifton James(ds)
etc


ブルーズの名盤名演奏。
素晴らしく思える。
就寝前、夜の11時頃から聴くのが好み。

この度は、1999年頃に発売されたリマスターCD。
追加曲が5曲入っております。
この追加曲はバンドの編成が大きくなりまして趣が変わります。
オリジナル収録曲がより優れるように感じますが面白く思えます。

この音源ですが1kを切っておりましたのでレジに進んだ次第。
発売から11年を経過しており再リマスター盤が近い内に発売されるかも知れません。
ドル箱音源なので有り得ますが・・・
男の哀愁感と申しますか悲しみのようなものを感じます。
渋い声を聴いてみてください。
The Rolling Stones / Stripped
stones01.jpg

1. Street Fighting Man
2. Like a Rolling Stone
3. Not Fade Away
4. Shine a Light
5. Spider and the Fly
6. I'm Free
7. Wild Horses
8. Let It Bleed
9. Dead Flowers
10. Slipping Away
11. Angie
12. Love in Vain
13. Sweet Virginia
14. Little Baby


1995年発売



ストーンズのアンプラグドなライブ音源を集めたCD。
アコースティクライブは、クラプトンで有名となりまして便乗したのでせうか?。
しかし出来は良く素晴らしく思えます。

ボブ・ディラン作の2曲目などは特に素晴らしく、ばっくりと嵌っております!。
ロック系は比較的五月蝿い音楽ですが、この度の音源は割と落ち着いて聴けるので夜にも聴いております。

昨年リマスターされて音に磨きが掛かったように感じます・・・・
購入価格は新品で2枚で10%引きを利用して0.7kを切っておりまして大いに聴いて頂きたいと切に願います。
copyright © 2005 アルフレッドBLUE~Seven Standard and a Blues all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。