アルフレッドBLUE~Seven Standard and a Blues
ロック、ポップス、フュージョン、ブルーズ、ちょっぴりクラシックも!。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NIRVANA/NEVERMIND
527.jpg

1 Smells Like Teen Spirit
2 In Bloom
3 Come as You Are
4 Breed
5 Lithium
6 Polly
7 Territorial Pissings
8 Drain You
9 Lounge Act
10 Stay Away
11 On a Plain
12 Something in the Way

 1991年発売

 ニルヴァーナの最高傑作。
 怒りを炸裂させてますねぇ。
 1曲目が最高です。
 ジャンルはグランジだそうですが良い物は良いですねぇ!。
 
 この音源の存在は印象的なジャケット共に焼きついていましたが、無視していました。
 実はこのCD、00年代以降に購入した物です。
 91年ごろ聴いていたのは、ビルエヴァンスや難解なジャズ、そしてオーディオに適さない80年代の音楽を聴いておりまた。
 90年代に入り音楽はおとなしくなった気ガして食わず嫌いでしたがこれを全部を通して聴いてみて素晴らしさが分かった次第です。
 
 クラッシックやボーカルなどの比較的静かな音楽も良いのですが、たまには動的なアクション、怒りの音楽を聴いてみていただきたいと思います。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 アルフレッドBLUE~Seven Standard and a Blues all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。