アルフレッドBLUE~Seven Standard and a Blues
ロック、ポップス、フュージョン、ブルーズ、ちょっぴりクラシックも!。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ERIC CLAPTON / UNPLAGGED
309.jpg
1 Signe
2 Before You Accuse Me
3 Hey Hey
4 Tears In Heaven
5 Lonely Stranger
6 Nobody Knows You (When You're Down And Out)
7 Layla
8 Running On Faith
9 Walking Blues
10 Alberta
11 San Francisco Bay Blues
12 Malted Milk
13 Old Love
14 Rollin' & Tumblin'

 1992年録音

 ERIC CLAPTON (vo、g)
 他

 
 MTV用にアコースティク楽器でのスタジオライブを収録した音源。
 多くのミュージシャンが挑戦し流行ったのですが、名盤としてこの世に残ったのはこの音源だけでした。
 成功の要因は間違いなくクラプトンがギターの名手だった事が挙げられますが、多分最大の要因は名曲である4曲目の初演にあると思っております。亡き息子、コナーに捧げられた曲で情感が籠もりまして素晴らしく思います。
 その他、ゆったりしたテンポで演奏される7曲目のレイラが素晴らしい!。
 名盤名演奏なので聴いていただきたいと思います。

 音ですが・・・、実は最近入手しました。
 この音源を映像込みで鑑賞しましたが、あまりに生々しいので引いてしまいました。
 映像の中のクラプトンは何と言いますか、私の思いとは違い大分老けておりまして引いてしまったのです。その後10年くらい後にCD を購入して全曲聴いてみて素晴らしさを実感できた次第です。
 音は良好ですが、以前オーディオチェックCDとして使われたらしく足踏み音がキモとのこと。小さい音で聴いているのでどの曲に入っているのか分かりませんでした。足踏み音がどの曲に入っているのか知りたいので教えてください。
 LPも発売されていました。早く良さに気づけばゲットしていたものを、、、残念に思います。もう一度発売していただきたいと切に願います。
 SHM-CD盤が発売されております。多くの方が述べられておられますが、通常盤との違いは私が思っていたよりも小さいようです。中には70年代の音源で10年以上昔のマスターを使用したものも有りまして疑問に思いました。しかし器は優れておりますので専用にリマスターをすれば素晴らしい品物になると思われますので最新のリマスターを期待します。

 未聴の方は聴いてみて下さい。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 アルフレッドBLUE~Seven Standard and a Blues all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。