アルフレッドBLUE~Seven Standard and a Blues
ロック、ポップス、フュージョン、ブルーズ、ちょっぴりクラシックも!。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
使い捨て、聴き捨ての音楽に反対!。
 今、70年代80年代の音楽が聴き捨てられているように思える。
 何故ならばこの時代の音楽をベスト盤で済ませようとする世の中の動きが有るからだ。

 私は70年代から音楽を聴いていた。
 再生装置はCD時代に揃えた物である。
 装置を揃えた最初の1年はCDオンリーで聴いていた。
 しかし1年後に大人が聴く音楽とは何か?と考えた時、ジャズに出会い幸せな音楽生活をおくっている。
 そしてアナログに回帰したのだ。
 この原点回帰こそ 「 遡上マスオーディオ 」なのである。

 原点回帰は別名、源泉回帰とも言うので覚えておいて欲しい。
 母川回帰もその仲間だ。

 最近の回帰はジャズの源流にブルースが有る事を真の意味で知った事である。
 そしてデルタブルースを聴くうちにオーディオはどうでもよくなったのだ。
 何故ならば良い時代のデルタブルースはそもそもオーディオに適するようには録音されていない。
 ジャズも良いものはモノラル録音のものが一番価値がある。
 スピーカーは1本でもよいかも知れない。
 
 CD再生でオーディオ再生で本当に良いと思ったのはクロスオーヴァーと言われるボーカルを聴かせていただいた時にCDは凄いと思った。
 しかしこの事を本当にわかっている方は少ない様に思う。
 何故ならばプロが凄い再生をしないので素人の我々には中々伝わってこなかった。
 残念で成らない。

 私はボーカル再生をよそ様にお勧めしない。
 条件を選ぶからだ。
 ジャズやクラッシックのボーカルを再生するべし。

 70年代80年代の音楽を大切にしたほうが良い。
 アナログを大切にしてあげて欲しい。

 先日、アマゾンでLP盤を注文した。
 アマゾンでアナログ盤がある事を知ったのはつい先日の事だった。
 アナログが密かに流行っている事を実感した今日この頃である。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
使い捨て →ピュアな録音 なんですよ。今のものは変にいじっているものが多く、なかなか聴けないですね。今杏里を聴いています。非常にピュアですね。
2007/12/06 (木) 07:55:38 | URL | ゴウド #kwzMfkEo[ 編集]
コメント、ありがとうございます。
 こんばんは。
 いつもありがとうございます。
 遅くなりましてすいません。

 >使い捨て →ピュアな録音 なんですよ。今のものは変にいじっているものが多く、なかなか聴けないですね。

 現在の新録音はお金のかかっていない自主制作のレベルでも十分に音が良く美しいと思います。
 過去の音源をリマスターして音を磨くのなら良いのですが新録音で音を磨いて聴いてもらおうと思って録音されているCDが有るようです。
 この様に磨くより、その費用を還元してCDを安く販売して欲しいと思います。

 ジャズ系しか身を入れて確認していませんがクラッシック系の録音はピュアな音を望みます。


 
2007/12/21 (金) 21:27:43 | URL | まるせいご #YGrInMrY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 アルフレッドBLUE~Seven Standard and a Blues all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。