アルフレッドBLUE~Seven Standard and a Blues
ロック、ポップス、フュージョン、ブルーズ、ちょっぴりクラシックも!。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
釣ろうの日(26日)から始めます!
 今日は縁起の良い釣ろうの日(26日)ですのではじめます。

 音楽には7つのスタンダードと一つのブルースが有ります。
 7つのスタンダードとはジャズ、ロック、ポップス、ソウル、アシッド、テクノ、ハウスその他、、、、。
 音楽も色々増えてきました。
 しかし基本はブルースです。

 ジャズのブルースフィーリングについて書いておきます。
 1800年代、黒人奴隷がアメリカ南部の綿花栽培地帯での重労働の際に思った事を歌にしたものが結構あります。
 歌詞の内容は言わずもがなですが怒りや叫びが読み込まれています。
 上記とクラッシックの楽器が合わさりジャズが誕生したと考えております。
 怒りや叫びが赤い炎となったのが50年代のハードバップです。
 現代のマイナーレーベルのジャズにも怒りを、叫びを感じます。
 色でいいますと青い炎でしょうか?。
 SJ誌掲載のジャズに色や怒り、叫びをあまり感じません。
 なぜならジャズメンが恵まれすぎているからです。
 私はハングリーな音楽を聴きたいのです。

 良い音楽はハングリーなものが多いと感じます。
 
 音楽再生装置も結構聴きました。
 個人的にはハングリーなオーディオのかたが良い音をだしておられると感じます。
 恵まれたオーディオからは決して良い音は得られません。
 もっとシェイプアップ!、摂生、節制してください。

 hungryでANGRYでないといつまでも再生装置にお金を費やすばかりです。
 
 音源を集めるようにしないといけません。

 CDは?です。
 みんな真剣にジャズを聴いているのでしょうか?。

 物を大切にしましょう!。
 
 ごみを増やしてはいけません。

 80年代のアナログ盤、ロック、フュージョン、ポップスは現在買い手が無く廃棄されています。

 もったいない事でございます。
 
 2度とこの様なあやまちを繰り返さないで欲しいと切に願います。




 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 アルフレッドBLUE~Seven Standard and a Blues all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。