アルフレッドBLUE~Seven Standard and a Blues
ロック、ポップス、フュージョン、ブルーズ、ちょっぴりクラシックも!。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リマスター、アンプラグド、再び!~ ERIC CLAPTON / UNPLUGGED DELUXE+DVD。。
課題曲CD-02

長らくお待たせしました!。
少し復活します!!。

以前もご紹介した、この音源ですが。。。
ぶっちゃけ、名盤ですのでLP盤を視野に入れており、CDは軽視し、手元には音源のみでリマスターにて廉価に輸入盤CDでも発売されれば動くべし!、と言うような塩梅でした。

この5、6年でLP盤が再び発売されており、動こうかどうか決めかねる。
1992年のライブとは言えデジタルレコーディングの音源にLP盤で聴く価値が有るのか疑問に思い購入を思い留まる。
今年で、この音源、録音から20年が経過。
そろそろ、リマスター盤でも!、思っておりました所にこの秋、最新のリマスターCDが発売されて触手が動きかける。
その後、もんもんとしておりました所に所属オデヲサークルの例会用にとのことで導入を決める。

うーむ、音ですが。。。
この音源に関しては旧盤との比較は不問といたします。
初盤CD、実は単に音源のみ頂戴しまして、音質がわかりませぬ。
ただ、この度のリマスター盤、ワーブロ系レーベルですのでてっきりライノ盤と思っておったのですが、ライナーノートのリマスタリングのクレジットは、何と!、mastered by chris bellman at bernie grundman mastering, hollywood,ca と言う文字が。。。
むむ!!、ジャス系のリマスタリング等で名高い、バーニー・グランドマン氏が関わったようで嬉しいのですが、、
この文字を見て私は驚愕したのでした。。。
音に大いに拘りのあるクラプトン、推測ですがコストが安いライノよりもバーニーグランドマン系のエンジニアに音をゆだねたのでせうか。 興味深し!。
音は以前のCDより向上したような気がするのですが。。。
音質の向上については、拙ブログをお読みになった方々の機器によって左右されまして、昨年末に私が導入したJBL D130+αではこの音源は聴いた覚えはあまり無いのですが、この度のリマスターCD、乾いたアコギが気持ちよし!。日本語ライナーノートが必要無い方は是非に輸入盤にされてくだされ。。。


2枚目のCDですが、原盤CDに入らなかった曲ですので、今後のワタクシの課題と楽しみに取っておきます。
3枚目に付属のDVD ですが、映像関係は機器がpoorですので、見ないことといたします。。。

今、まとめて10%OFFらしいので3枚組の本CD+DVDは1800円位ですか。。。
輸入盤とはいえお徳で、近年のヒット作ですので聴いて、見ていただきたいと思います。
スポンサーサイト
copyright © 2005 アルフレッドBLUE~Seven Standard and a Blues all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。