アルフレッドBLUE~Seven Standard and a Blues
ロック、ポップス、フュージョン、ブルーズ、ちょっぴりクラシックも!。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ディープ・パールに想う ~ ヴェリー・ベスト・オブ・ディープ・パープル
一年以上振りの更新、お許しおば。。。。

DEEP



01. HUSH
02. KENTUCKY WOMAN (Single Version)
03. BLACK NIGHT
04. SPEED KING (U.S Album Version)
05. CHILD IN TIME
06. STRANGE KIND OF WOMAN
07. FIREBALL
08. DEMON'S EYE
09. HIGHWAY STAR
10. SMOKE ON THE WATER
11. SPACE TRUCKIN'
12. WOMAN FROM TOKYO
13. BURN
14. STRMBRINGER
15. KNOCKING AT YOUR BACK DOOR

RITCHIE BLACKMORE (g)
IAN GILLAN (vo)
その他


ディープパープルのベスト盤。
15曲入りで78分収録と収録時間に申し分なし。
これ一枚で、とりあえずパープル初心者にはお勧めの音源でありまする。
しかし個人的には、アルバム単位のほうが音源のまとまりが良いので、この度の音源を気に入った方にはそちらのほうに進んでいただきたい。

音源ですが。。。
普通の国内盤であります。
しかし、音の良いと評判のライノ盤ですので音質は比較的良好なり。
うーむ、しかし何を持って電子楽器が多用されているロックが高音質なのか分かりかねております。
他にはパープルの紙ジャケCDも極少数枚所有しておるのですが、確かに中古で購入した紙ジャケCDですので音は若干この度のCDより劣るかも、ですが、うーむ。。。
聴いているSPが??なのかも。。。
F社のスピーカーでアンプは真空管式で聴いておるのですが、何かノリがチグハグであります。。。。
たまらず、SPをJBLにチェンジ!。
ノリが良くなる!。
しかしF社のSPはフルレンジ一発のみで、JBLは3WAYですので比べるのが可愛そうであります。
ここは一つ住み分けとして、パワフルなロックやジャスではJBLで、ボーカルや小編成のクラシックは真空管アンプでロクハンのF社と使い分けたいのですが、不器用ゆえ中々上手く使い分け出来ずにおります。

この一年強の間に変わった事ですが、まずはロック系の音源をあまり導入しておらず、導入しても本家のブログの方に書いたりしまして、こちらのブログを疎かにしておりました。
久しぶりに、こちらに投稿(書く)してみて思ったのは、エキブロよりも快適に感じる事、多々あり!!。
もう少しエキブロも何とかして欲しい。。。
拙オーディオ的には、約2年前より使用してきた真空管アンプのエージングが終わったようで快調であります。
その他、メインSPのウーハーを某社の品物と入れ替えておりまして、LBJ もどきとなりました。。。

このブログも本家のブログも継続して行きたいと思っておりますが、こちらのほうが、どうしてもメインブログでは無いので、更新は時々に成ると思われますが、どうかご愛顧のほど、宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

copyright © 2005 アルフレッドBLUE~Seven Standard and a Blues all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。