アルフレッドBLUE~Seven Standard and a Blues
ロック、ポップス、フュージョン、ブルーズ、ちょっぴりクラシックも!。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブルース・ロック!~ JOHN MAYALL & BLUESBREAKERS with ERIC CLAPTON / SPECIAL EDITION
blues_b.jpg
 この度は、縁あって聴いてみた。
 実はブルースを御所望されたのですが、中々音源を絞れずに時は経って行く・・・・。
 ジャズの原点はブルースにありなのですがロックも原点を同じとしているが、、、、ブルースのCDの音が忍とも勘とも。
 結局クラプトン絡みのこの音源に至る。

 内容はブルースとロックの融合でありますが、中々聴き応えあり。
 ジャケ写も中々良い。
 
 音ですが、1998~2001年頃のもの。
 モノラル音源とステレオ音源が一緒に一枚のCDに入っており70分以上24曲の収録にて大満足!。
 クラプトンの敬愛するロバート・ジョンソンの「 さすらいの心 」 が収録されており素晴らしい。

 知らずに聴いておりましたが大名盤との事。
 機会がありましたら聴いてみていただきたいと思いマス。
 
 

 
スポンサーサイト
WIRED / JEFF BECK
351.jpg

1 Led Boots 2 Come Dancing 3 Goodbye Pork Pie Hat 4 Head for Backstage Pass 5 Blue Wind 6 Sophie 7 Play With Me 8 Love Is Green

 1976年録音

Jeff Beck (g) Jan Hammer (elp) Narada Michael Walden (ds) 


 お久しぶりです。
 残暑お見舞い申し上げます。


 この度の、音源はボーカルの無いギター系のインストものという事で躊躇しておりました。
 聴いてみますと、中々良いのではないでしょうか。
 私には新鮮味が有りまして繰り返し聴いております。
 多分、名盤だと思われますのでチェックしてみてください。

 音ですが、多分録音時に使用されたモニタースピーカーはJBLのような気がします。
 当家のスタジオモニターにドンピシャと合いまして、水を得た魚の如しです。
 気持ちよく聴けるようです。

 もう少し聴き込んでみようと思います。
 
copyright © 2005 アルフレッドBLUE~Seven Standard and a Blues all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。