アルフレッドBLUE~Seven Standard and a Blues
ロック、ポップス、フュージョン、ブルーズ、ちょっぴりクラシックも!。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
松田聖子/Bible 2
053.jpg
 松田聖子のベスト盤でPARTⅡ.
 今日はボーカルの調子が良い。
 ドリカムも良かったのですが、聖子さんは格別に良い。
 スピーカーの下に無印ボードを敷いたのですが効いたようです。

 懐かしく聴いております。
スポンサーサイト
JHON LENNON / imaggin
074.jpg
1 イマジン
2 クリップルド・インサイド
3 ジェラス・ガイ
4 イッツ・ソー・ハード
5 兵隊にはなりたくない
6 真実が欲しい
7 オー・マイ・ラヴ
8 ハウ・ドゥ・ユー・スリープ(眠れるかい?)
9 ハウ?
10 オー・ヨーコ

1971年録音


 ジョン・レンンの最高傑作。
 ワタクシ的には「ジョンの魂」も好きですが・・・。

 モービルのLPで聴いていますがB面が好きですね。
 
 大名盤なので聴いてみてください。
 

THE ROLLING STONES/ England's Newest Hit Makers
052.jpg
1 ノット・フェイド・アウェイ
2 ルート66
3 恋をしようよ
4 オネスト・アイ・ドゥ
5 ナウ・アイヴ・ゴット・ア・ウィットネス
6 リトル・バイ・リトル
7 キング・ビー
8 かわいいキャロル
9 テル・ミー
10 キャン・アイ・ゲット・ア・ウィットネス
11 ユー・キャン・メイク・イット・イフ・ユー・トライ
12 ウォーキング・ザ・ドッグ


1964年発売

Mick Jagger(vo)
Keith Richards(g)
Brian Jones
Bill Wyman(b)
Charlie Watts(ds)

 ストーンズの正式なアルバムで最初に導入した音源。
 CDのベスト盤を先に購入しましたがアルバムが欲しくなりまして、、、。
 
 内容はブルースのカバーその他で1曲だけジャガー/リチャーズ ナンバーが有ります。
 全体を通してブルースフィーリングに溢れまして気に入っております。
 いい曲いい演奏が沢山詰まっております。
 1、4、7、9はノリが良くロックンロールしておりまして気持ちが良いですね。
 私の持つCDはなぜか「愛しのモナ」が4「曲目に配置されておりますが、、、、。

 音ですが、CDで聴いています。
 今から約45年前の演奏ですが楽しめます。
 アナログ録音なのでLPが欲しいのですが、、、。
 
 
ERIC CLAPTON / UNPLAGGED
309.jpg
1 Signe
2 Before You Accuse Me
3 Hey Hey
4 Tears In Heaven
5 Lonely Stranger
6 Nobody Knows You (When You're Down And Out)
7 Layla
8 Running On Faith
9 Walking Blues
10 Alberta
11 San Francisco Bay Blues
12 Malted Milk
13 Old Love
14 Rollin' & Tumblin'

 1992年録音

 ERIC CLAPTON (vo、g)
 他

 
 MTV用にアコースティク楽器でのスタジオライブを収録した音源。
 多くのミュージシャンが挑戦し流行ったのですが、名盤としてこの世に残ったのはこの音源だけでした。
 成功の要因は間違いなくクラプトンがギターの名手だった事が挙げられますが、多分最大の要因は名曲である4曲目の初演にあると思っております。亡き息子、コナーに捧げられた曲で情感が籠もりまして素晴らしく思います。
 その他、ゆったりしたテンポで演奏される7曲目のレイラが素晴らしい!。
 名盤名演奏なので聴いていただきたいと思います。

 音ですが・・・、実は最近入手しました。
 この音源を映像込みで鑑賞しましたが、あまりに生々しいので引いてしまいました。
 映像の中のクラプトンは何と言いますか、私の思いとは違い大分老けておりまして引いてしまったのです。その後10年くらい後にCD を購入して全曲聴いてみて素晴らしさを実感できた次第です。
 音は良好ですが、以前オーディオチェックCDとして使われたらしく足踏み音がキモとのこと。小さい音で聴いているのでどの曲に入っているのか分かりませんでした。足踏み音がどの曲に入っているのか知りたいので教えてください。
 LPも発売されていました。早く良さに気づけばゲットしていたものを、、、残念に思います。もう一度発売していただきたいと切に願います。
 SHM-CD盤が発売されております。多くの方が述べられておられますが、通常盤との違いは私が思っていたよりも小さいようです。中には70年代の音源で10年以上昔のマスターを使用したものも有りまして疑問に思いました。しかし器は優れておりますので専用にリマスターをすれば素晴らしい品物になると思われますので最新のリマスターを期待します。

 未聴の方は聴いてみて下さい。



CASIOPEA/THE PARTY
602.jpg
01 Cyber Zone
02 青い炎
03 Illusion
04 Nostalgia
05 Flush Up
06 Stormy Hearts
07 目撃者
08 Romancing
09 ときめき
10 Golden Island
11 The Party Night
12 大世界

 1990年発売


 野呂一生 (g)
 向谷実 (key)
 成瀬喜博 (elb)
 日山正明 (ds)


 脚ジャケな一枚。
 1曲目の出来が良いのですが、私は2曲目も良いと思います。
 91年ごろ良く聴いていました。
 懐かしいですね。

 車に乗るようになりカーステレオでも聴いています。
 この度の音源は、車に乗った時に気持ちが高揚して気持ちよく運転が出きました。しかしホームオーディオで聴くには刺激が強く、雨降りの休日用の音源として使っていた事がありました。オーディオに適さないジャンルの音楽ですので10年以上封印していましたが、たまには聴くのは懐かしくて過去を振り返るには最適でした。

 夜の高速道路に似合うような気がします。
 音源川を遡上したお話でした。
 
 


copyright © 2005 アルフレッドBLUE~Seven Standard and a Blues all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。