アルフレッドBLUE~Seven Standard and a Blues
ロック、ポップス、フュージョン、ブルーズ、ちょっぴりクラシックも!。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クラプトンに共感!~ERIC CLAPTON/461 OCEAN BOULEVARD
563.jpg

ディスク 1
1 マザーレス・チルドレン
2 ギヴ・ミー・ストレングス
3 ウィリー・アンド・ザ・ハンド・ジャイブ
4 ゲット・レディ
5 アイ・ショット・ザ・シェリフ
6 アイ・キャント・ホールド・アウト
7 プリーズ・ビー・ウィズ・ミー
8 レット・イット・グロウ
9 ステディ・ローリン・マン
10 メインライン・フロリダ

Session Out-takes
11 ウォーキン・ダウン・ザ・ロ-ド
12 エイント・ザット・ラヴィン・ユー
13 ミート・ミー (ダウ・アット・ザ・ボトム)
14 エリック・アフター・アワーズ・ブルース
15 Bマイナー・ジャム

ディスク 2
Hammersmith Odeon, London December 4-5, 1974
1 スマイル
2 レット・イット・グロウ
3 マイ・ウェイ・ホーム
4 アイ・ショット・ザ・シェリフ
5 テル・ザ・トゥルース
6 スカイ・イズ・クライング/ランブリン・オン・マイ・マインド/愛の経験
7 リトル・ウィング
8 シンギング・ザ・ブルース
9 バッジ
10 いとしのレイラ (アンプラグド)
11 レット・イット・レイン

 1974年発売

  Eric Clapton (vo.g)
  Al Jackson, Jr. ( Drums )
  Albhy Galuten ( Organ )
  Albhy Galuten ( Piano )
  Albhy Galuten ( Piano (Electric) )
  Albhy Galuten ( Synthesizer )
  Carl Radie ( Bass )



 ロックのミュージシャンの中で一番好みなのはクラプトンです。
 ビートルズではポールマッカートニー派とジョンレノン派が有りますがジョン派です。
 クラプトンもジョンも幼い時に父親と離別し母親とも別れて暮らします。
 幼い日に周りから言われ無きいじめ?差別のようなものを感じながら成長したのだと思っています。
 クラプトンもジョンもロックを演奏し内なる怒りを表現しました。
 特にクラプトンはブルースに着目しブルースロックを演奏しました。
 ブルースの歌詞に、世の中に対する自分の気持ちが刻まれていたのでしょう。
 私もブルースには共感します。

 1曲目はタイトルが悲しいものですが演奏は以外にも明るく仕上がっています。
 泣きの演奏ではありません。歌詞自体は明るいものでは有りませんが。。。。。
 5曲目はボブマーリィの曲を演奏しこの曲をメジャーにしました。
 元々I SHOT THE POLICEと言う曲名だったそうです。
 当時のジャマイカの政府その他に怒りを感じていたようです。
 名演奏だと思います。

 私の持つ紙ジャケCDは98年に発売された20BIT盤です。
 どうやら96年にリマスターされたようです。
 最近発売された、SHM-CDという高音質CDのマスターも96年のものを使用しています。
 買い替えも検討しましたが うーん 約12年前のマスターですので古いですね。
 ジャズなら12年間で1回はリマスターされますが・・・・。
 ロックはリマスターに関しては慎重派のような気がします。
 ビートルズは98年以来リマスターされずに約10年が経過しました。
 今年あたり、紙ジャケでリマスターしていただきたいものです。

 このCDはジャケが優れています。
 どうやらこの写真はスタジオのようです。
 アルバムタイトルはスタジオの住所から由来しています。
 LP盤が欲しいですね。

 この記事ではデラックス盤の2枚組の曲目を掲載しています。
 元々麻薬過のクラプトンの復帰作がこのセッションで、調子をみながらレコーディングしています。
 ですので別テイクや追加曲が多くあり興味深いです。
 レイラのアコースティクヴァージョンも含まれ、一度は聴いてみたいですね。
 もう少し早く発売されていたら触手が伸びましたが・・・。

 名盤中の名盤ですので聴いてみて下さい。





スポンサーサイト
EAGLES/ON THE BORDER
533.jpg

1 過ぎた事
2 恋人みたいに泣かないで
3 ミッドナイト・フライヤー
4 マイ・マン
5 オン・ザ・ボーダー
6 ジェームス・ディーン
7 懐かしき’55年
8 イズ・イット・トゥルー
9 地獄の良き日
10 我が愛の至上


 1974年発売

 GLENN FREY (g、vo)
 DON HENLEY (ds、vo)
 BERNIE LEADON (g)
 RANDY MEISNER (g)


 先日は初期のベスト盤をご紹介いたしましたが今回はレギュラー盤です。
 特別に最新リマスターLPを入手しました。
 白地のジャケ写にて新品で汚れていました。
 たまらずレコ屋さんに返品を求めるとまだ在庫があり応じてくれました。
 
 この音源はイーグルスの3作目にあたります。
 CDの紙ジャケ盤ではジャケの良さに気が付きませんでした。
 今回掲載した小さなジャケ写ではわかりずらいのですがEAGLEがヘビを口にくわえて飛び立っている様を描いたものです。
 LPにすると引き立ちます。

 演奏内容はカラッとしたウエストコースロックで気持ちの良いものです。
 いい曲ばかりなのでCDで一気に聴くのも良いですね。
 私のお気に入りは、やはり10曲目です。
 名演奏だと思います。

 この度のリマスターLPは先に発売されたリマスターCDと同系統の音がします。
 少しCDライクですがLPらしさも残してあります。
 RHINO(ライノ)での復刻LPですので安心できます。
 LPを購入して、CDの出番はとても減りました。

 CDでも素晴らしいのでお手すきの時にでも聴いてみてください。



MISCHA MAISKY/THE ARTIST ALBUM
maisky.jpg

1. ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲イ短調op.102~第3楽章(ブラームス)
2. 無伴奏チェロ組曲第1番ト長調BWV1007~第1曲プレリュード(J.S.バッハ)
3. チェロ協奏曲第1番ハ長調Hob.7b-1~第3楽章(ハイドン)
4. アヴェ・マリアD.839(シューベルト)
5. チェロ協奏曲ロ短調op.104~第3楽章(ドヴォルザーク)
6. ロココの主題による変奏曲op.33~第6変奏曲~
7. 第7変奏曲(チャイコフスキー)
8. 歌劇「魔笛」より「恋人か女房があればいいが」の主題による12の変奏曲op.66(ベートーヴェン)
9. チェロ協奏曲第1番変ホ長調op.107~第1楽章(ショスタコーヴィチ)
10. 歌劇「エウゲニ・オネーギン」第2幕~レンスキーのアリア「青春は遠くすぎ去り」(チャイコフスキー)
11. チェロ協奏曲第2番ニ短調op.109~第2楽章(サン=サーンス)
12. チェロ・ソナタ ト短調op.65~第3楽章(ショパン)




MISCHA MAISKY (cello その他)
その他

1998年発売


 今年はアンチエージングについて考えておりますので新年1回目はクラッシックを取り上げます。
 クラッシックは新参者ですが宜しくです。
 
 マイスキーがバーンスタインやアルゲリッチと共演したベスト盤。
 スケールが大きく羽ばたくような録音。
 1曲目が特にお気に入りでホールトーンを巧みに利用して1階から2階席に音が舞い上がって行くさまを良く捕らえた音源。
 5曲目はマイスキーの力演。バーンスタイン指揮。
 心が洗われます。
 8曲目はアルゲリッチとの共演。チェロの音色が漂ってくるような音。

 ジャズのブルースフィーリングとは違い、クラッシックは美しさが似合います。
 当家のSPではこの美しさをうまく表現出来ていません。
 クラッシック用に何か手を打たねば。

 このCDはネットのレコ屋さんを調べるととんでもない価格になっています。
 理由は内容も良いのですがやはり、バースタイン、アルゲリッチといった大物が共演しているのが理由のようです。
 他にはフォトアルバムが付いています。
 これに結構価値が有るようで高値の原因ではないでしょうか?。

 アンチエージングはともかく癒しにはなりますの聴いていただきたいと思います。

 現在、廃盤のようです。
 再プレスを望みます。
謹賀新年
 明けましておめでとうございます。
 今年も宜しくお願い申し上げます。

 今年も読者の方々に幸多かれ!。

 新年早々から愚痴を書いておりましたら体調を崩しました。
 慎みたいと思います。

 今年も良い音源を求めて奔走したいと思っております。
 その他良い情報が有れば教えてください。
copyright © 2005 アルフレッドBLUE~Seven Standard and a Blues all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。