アルフレッドBLUE~Seven Standard and a Blues
ロック、ポップス、フュージョン、ブルーズ、ちょっぴりクラシックも!。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LENNON LEGEND ~ The Very Best Of John Lennon
ジョン・レノンBEST盤

01. Imagine
02. Instant Karma!
03. Mother (Single Edit)
04. Jealous Guy
05. Power To The People
06. Cold Turkey
07. Love
08. Mind Games
09. Whatever Gets You Thru The Night
10. No. 9 Dream
11. Stand By Me
12. (Just Like) Starting Over
13. Woman
14. Beautiful Boy (Darling Boy)
15. Watching The Wheels
16. Nobody Told Me
17. Borrowed Time
18. Working Class Hero
19. Happy Xmas (War Is Over)
20. Give Peace A Chance



ジョン・レノンのベスト盤。
大体のヒット曲、名演奏?も羅網しての20曲、約77分強収録でして聴き応え、有り!!。
ジャケットも良い塩梅でして、レコード盤も有った模様ですのでLPが欲しかった。。。

このCD、昨年発売された、SHM-CD でしてリマスターの有無は分かりませんが、音はそれなりに良好とみておるのですが。。。

廉価盤ですのでジョンにご興味の有る方でお持ちでないようでしたら、ポチって下されば幸いであります。
スポンサーサイト
真面目に買え! ~ QUEEN / GREATEST HITS Ⅱ 2011年リマスターに想う、、
queen-greatest2.jpg


01. A Kind Of Magic
02. Under Pressure
03. Radio GaGa
04. I Want It All
05. I Want To Break Free
06. Innuendo
07. It's A Hard Life
08. Breakthru
09. Who Wants To Live Forever (w/ National Philharmonic Orchestra)
10. Headlong
11. The Miracle
12. I'm Going Slightly Mad
13. The Invisible Man
14. Hammer To Fall
15. Friends Will Be Friends
16. The Show Must Go On
17. One Vision


新年、一発目は、クイーンのベスト盤の一枚、グレーティストヒッツⅡであります。
最初は、グレーティストヒッツの1を友人から借りて音源として所有。。。
1は、ベスト盤としては秀逸な出来で絶妙な曲配分でして、思わずワタクシうなってしまいましたが、CD自体が90年代のものでして音的に若干物足りず。
その後、libraryの蔵書でⅡが有りましたので、聴いてみる。。。
Ⅱは、80年代のベスト盤として編集されておりますが、一般的には、1の評価が高いようなのだが、私としては慣れ親しんだバブル期のⅡに愛着が深く、Ⅱの方が気に入っております。
Ⅰ同様Ⅱも素晴らしく思える。

この度のCD、ボブ・ラドウックのマスタリングした2011年の輸入盤で聴いております。
同時期に発売された、国内盤CDはSHM-CDに追加曲が、1曲入り興味深いのですが。。。
音的には、元ネタが無いので忍とも!、ですが編集盤としては優れておりまして、具体的には、あれですが、音は良くなっておると思いまする。
国内盤CDと輸入盤CDの音の違いですが。。。
多分国内盤はSHM-CDですので聴き易いはずでしてUK盤は若干鋭い音のような気が今までの経験でござる。 私は以前、国内CDと輸入盤CDとの聴き比べをして、手持ちの国内盤が輸入盤に若干ですが音の鮮度がぬるい事を聴き分けまして忍とも勘とも。 わずかな差ですがこの差は結構大きいと感じた私で有りまして、以降 輸入盤と国内盤が選べれば出来るだけ輸入盤に拘る事にしておるのですが。。。
オデヲ系のかたで、ライナーノートはいらない方は、音の良さに拘るのでしたら輸入盤も有りですが、手厚い解説書等の付いた国内盤もまたよし!。。。

雑談ですが、最近メインに聴いておるJAZZやJAZZ系のヴォーカルに飽きたと申しますか食傷気味。。。
うーむ、JAZZ奏者に大事な個性、オリジナリティが無いので、おもんなぁーーー
ですので、所属オデヲサークルの例会用に再び黄金期の60~80年代のROCKを聴き始めたのですが。。。
楽しくて楽しくて仕方なし!!。
それは私のルーツミュージックを訪ねているような感じでして、若かりし頃を思い出す。

今後は、記事が書けるようでしたら、また書いて行きたい。
リマスター、アンプラグド、再び!~ ERIC CLAPTON / UNPLUGGED DELUXE+DVD。。
課題曲CD-02

長らくお待たせしました!。
少し復活します!!。

以前もご紹介した、この音源ですが。。。
ぶっちゃけ、名盤ですのでLP盤を視野に入れており、CDは軽視し、手元には音源のみでリマスターにて廉価に輸入盤CDでも発売されれば動くべし!、と言うような塩梅でした。

この5、6年でLP盤が再び発売されており、動こうかどうか決めかねる。
1992年のライブとは言えデジタルレコーディングの音源にLP盤で聴く価値が有るのか疑問に思い購入を思い留まる。
今年で、この音源、録音から20年が経過。
そろそろ、リマスター盤でも!、思っておりました所にこの秋、最新のリマスターCDが発売されて触手が動きかける。
その後、もんもんとしておりました所に所属オデヲサークルの例会用にとのことで導入を決める。

うーむ、音ですが。。。
この音源に関しては旧盤との比較は不問といたします。
初盤CD、実は単に音源のみ頂戴しまして、音質がわかりませぬ。
ただ、この度のリマスター盤、ワーブロ系レーベルですのでてっきりライノ盤と思っておったのですが、ライナーノートのリマスタリングのクレジットは、何と!、mastered by chris bellman at bernie grundman mastering, hollywood,ca と言う文字が。。。
むむ!!、ジャス系のリマスタリング等で名高い、バーニー・グランドマン氏が関わったようで嬉しいのですが、、
この文字を見て私は驚愕したのでした。。。
音に大いに拘りのあるクラプトン、推測ですがコストが安いライノよりもバーニーグランドマン系のエンジニアに音をゆだねたのでせうか。 興味深し!。
音は以前のCDより向上したような気がするのですが。。。
音質の向上については、拙ブログをお読みになった方々の機器によって左右されまして、昨年末に私が導入したJBL D130+αではこの音源は聴いた覚えはあまり無いのですが、この度のリマスターCD、乾いたアコギが気持ちよし!。日本語ライナーノートが必要無い方は是非に輸入盤にされてくだされ。。。


2枚目のCDですが、原盤CDに入らなかった曲ですので、今後のワタクシの課題と楽しみに取っておきます。
3枚目に付属のDVD ですが、映像関係は機器がpoorですので、見ないことといたします。。。

今、まとめて10%OFFらしいので3枚組の本CD+DVDは1800円位ですか。。。
輸入盤とはいえお徳で、近年のヒット作ですので聴いて、見ていただきたいと思います。
The Doobie Brothers / The Captain and Me
doobie.jpg

01. Natural Thing
02. Long Train Runnin'
03. China Grove
04. Gark Eyed Cajun Woman
05. Clear As The Driven Snow
06. Without You
07. South City Midnight Lady
08. Evil Woman
09. Busted Down Around O'Connelly
10. Ukiah
11. The Captain And Me

1973年発売

Tom Johnston, Pat Simmons, Tiran Porter, John Hartman & Michael Hossack


ドゥービー・ブラザーズの3rdアルバムにして永遠の名盤!。
2曲目と3曲目が名曲名演奏でして素晴らしく思えまする。
その他の曲もまとまりが結構ありまして、以前にご紹介したベスト盤も良いのですが、この音源がオリジナルですので気持ちよく聴けるようです。

この音源、繰り返し繰り返し復刻されておりまして、人気盤にて最近、輸入LP盤で復刻される!。
手持ちのCDは中古盤で古いCDですのでリマスターCDか保管場所が許せばLPも欲しい。

名盤名演奏ですので宜しければ、聴いてみてください。



SPORTS! ~ HUEY LEWIS & THE NEWS
HUEY.jpg
01. The Heart Of Rock & Roll
02. Heart And Soul
03. Bad Is Bad
04. I Want A New Drug
05. Walking On A Thin Line
06. Finally Found A Home
07. If This Is It
08. You Crack Me Up
09. Honky Tonk Blues
10. The Heart Of Rock & Roll (Session Take)
11. Walking On A Thin Line (Session Take)
12. If This Is It (Live)
13. Heart And Soul (Live)
14. I Want A New Drug (Live)

1982年発売

HUEY LEWIS(vo)
その他


80年代のアメリカンロックの大名盤。
当時はMTVなどに盛んに放映されておりまして、興味を持つ。
シングルカットも多くありまして、大ヒットとなる。
今聴いても色あせない魅力の音源。

音源ですが・・・
カセットテープで聴いておりました。
しかし擦り切れるまで聴きまして、仕方なくCDを導入。
気軽に楽しんでおります。
所有のCDは9曲入りですが、プラス5曲入りの輸入盤が有るようです。
マニアなかたは、そちらもチェックしてみてください。

想うのですが、この音源本年で30年が経過しまして、とても懐かしい思いであります。
今更、レコードとはあまり思いませんが、輸入盤のオリジナルに近いLPが有れば聴いてみたい!!。
ディープ・パールに想う ~ ヴェリー・ベスト・オブ・ディープ・パープル
一年以上振りの更新、お許しおば。。。。

DEEP



01. HUSH
02. KENTUCKY WOMAN (Single Version)
03. BLACK NIGHT
04. SPEED KING (U.S Album Version)
05. CHILD IN TIME
06. STRANGE KIND OF WOMAN
07. FIREBALL
08. DEMON'S EYE
09. HIGHWAY STAR
10. SMOKE ON THE WATER
11. SPACE TRUCKIN'
12. WOMAN FROM TOKYO
13. BURN
14. STRMBRINGER
15. KNOCKING AT YOUR BACK DOOR

RITCHIE BLACKMORE (g)
IAN GILLAN (vo)
その他


ディープパープルのベスト盤。
15曲入りで78分収録と収録時間に申し分なし。
これ一枚で、とりあえずパープル初心者にはお勧めの音源でありまする。
しかし個人的には、アルバム単位のほうが音源のまとまりが良いので、この度の音源を気に入った方にはそちらのほうに進んでいただきたい。

音源ですが。。。
普通の国内盤であります。
しかし、音の良いと評判のライノ盤ですので音質は比較的良好なり。
うーむ、しかし何を持って電子楽器が多用されているロックが高音質なのか分かりかねております。
他にはパープルの紙ジャケCDも極少数枚所有しておるのですが、確かに中古で購入した紙ジャケCDですので音は若干この度のCDより劣るかも、ですが、うーむ。。。
聴いているSPが??なのかも。。。
F社のスピーカーでアンプは真空管式で聴いておるのですが、何かノリがチグハグであります。。。。
たまらず、SPをJBLにチェンジ!。
ノリが良くなる!。
しかしF社のSPはフルレンジ一発のみで、JBLは3WAYですので比べるのが可愛そうであります。
ここは一つ住み分けとして、パワフルなロックやジャスではJBLで、ボーカルや小編成のクラシックは真空管アンプでロクハンのF社と使い分けたいのですが、不器用ゆえ中々上手く使い分け出来ずにおります。

この一年強の間に変わった事ですが、まずはロック系の音源をあまり導入しておらず、導入しても本家のブログの方に書いたりしまして、こちらのブログを疎かにしておりました。
久しぶりに、こちらに投稿(書く)してみて思ったのは、エキブロよりも快適に感じる事、多々あり!!。
もう少しエキブロも何とかして欲しい。。。
拙オーディオ的には、約2年前より使用してきた真空管アンプのエージングが終わったようで快調であります。
その他、メインSPのウーハーを某社の品物と入れ替えておりまして、LBJ もどきとなりました。。。

このブログも本家のブログも継続して行きたいと思っておりますが、こちらのほうが、どうしてもメインブログでは無いので、更新は時々に成ると思われますが、どうかご愛顧のほど、宜しくお願いいたします。

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

エリック・クラプトン / ライフタイムベスト
CLAPTON.jpg
ディスク:1
1. I FEEL FREE - CREAM
2. SUNSHINE OF YOUR LOVE - CREAM
3. WHITE ROOM - CREAM
4. CROSSROADS (LIVE AT WINTERLAND) - CREAM
5. BADGE - CREAM
6. PRESENCE OF THE LORD - BLIND FAITH
7. AFTER MIDNIGHT
8. LET IT RAIN
9. BELL BOTTOM BLUES DEREK AND THE DOMINOS
10. LAYLA DEREK AND THE DOMINOS
11. LET IT GROW
12. I SHOT THE SHERIFF
13. KNOCKIN' ON HEAVEN'S DOOR
14. HELLO OLD FRIEND
15. COCAINE
16. LAY DOWN SALLY
17. WONDERFUL TONIGHT
18. PROMISES
19. I CAN'T STAND IT

ディスク:2
1. I'VE GOT A ROCK 'N' ROLL HEART
2. SHE'S WAITING
3. FOREVER MAN
4. IT'S IN THE WAY THAT YOU USE IT
5. MISS YOU
6. PRETENDING
7. BAD LOVE
8. TEARS IN HEAVEN
9. LAYLA unplugged
10. RUNNING ON FAITH unplugged
11. MOTHERLESS CHILD
12. CHANGE THE WORLD
13. MY FATHER'S EYES
14. RIDING WITH THE KING ERIC CLAPTON AND B.B. KING
15. SWEET HOME CHICAGO
16. IF I HAD POSSESSION OVER JUDGEMENT DAY
17. RIDE THE RIVER - J.J. CALE AND ERIC CLAPTON


2007年発売 ベスト盤

ERIC CLAPTON (vo、g)
その他


クラプトンのベスト盤。

苦節44年にわたる、演奏暦の集大成なり!

音も改善されておりまして、是非に、と思います。
The Rolling Stones / Sticky Fingers
Stones.jpg

1. Brown Sugar
2. Sway
3. Wild Horses
4. Can't You Hear Me Knocking
5. You Gotta Move
6. Bitch
7. I Got The Blues
8. Sister Morphine
9. Dead Flowers
10. Moonlight Mile

1971年発売

Mick Jagger (vo、g)
Keith Richards (g、vo)
Mic Taylor (g)
BIll Wyman (b、Key)
Charlie Watts (ds)
その他

ストーンズの最高傑作とも言われております音源。
1曲目からノリの良い曲でして、グイグイと引き込まれる。
一貫してノリの良いブルース風味ロックでブルーズ事始には最適か。。。
間違いなく、ストーンズの70年代の最高傑作に思えます。
素晴らしいので聴いてみて欲しいと思う次第です。


この度は2009年にリマスターされた音源をSHM-CD化されたもので聴いております。
以前から、この音源を欲しい欲しいと思っておりましたが、音質に納得いかずに仕方なく、旧盤を〇タヤさんのブツでお茶を濁しておりました。買い替えましたので胸を張って記事にした次第。
この度は、EMIから権利がユニバに移りクリアで力強いCDとなったようで嬉しく思います。
旧盤の音に納得がいかない方、更なる音の高みを目指す方には是非ともお勧めしたいと思います。

推薦AOR! ~ AIRPLAY / ロマンティック
AIRPLAY2.jpg
01 STRANDED
02 CRYIN' ALL NIGHT
03 IT WILL BE ALRIGHT
04 NOTHIN' YOU CAN DO ABOUT IT
05 SHOULD WE CARRY on
06 LEAVE ME ALONE
07 SWEET BODY
08 BIX
09 SHE WAITS FOR ME
10 AFTER THE LOVE IS GONE

1980年発売

DAVID FOSTER (KYB、BVo)
JAY GRAYDON (G、BVo)
TOMMY FUNDERBURK (Vo)

JEFF PORCARO (DS)
STEVE LUKATHER (G)
その他



読者の皆様、こんにちは。
おかわりは、ございませんか?
私は、猛暑の為か体力温存のためにこのブログは休んでおりました。
楽しみにしていた方々には申し訳ないです。
最近、涼しくなりましたので再び、こちらにも書くことにしました。
これからも宜しくお願いいたします。

売れっ子のプロデューサー デヴット・フォスターとジェイ・グレイドンが組んだ AORの大名盤!。
何度聴いてみても素晴らしく思えまして心地良い世界に誘ってくれます。
サイドメンも素晴らしく、TOTOのジェフ・ポーカロやスティーブ・ルカサーも加入しましてAORの風味が増した良い演奏。

音源ですが、色々有りましてカセットでしばらく聴いていた時期がありました。
2006年頃に紙ジャケCDを入手したのですが、運悪く傷盤に当たりまして音飛びが激しく止む無く返品と相成りました。
それで近年になって中古盤を導入して聴いております。
悩ましいのは、この10月にブルースペックCDが専用リマスタリングを施され発売されるとの事。
注目しております。
ただこの秋は欲しいもの一杯あるので忍とも勘ともなのです。

車の中で聴くのも良いと思われます。
未聴の方は聴いてみて下さい。
AERO SMITH / ROCKS
rocks.jpg

エアロスミスの最高傑作!。
素晴らしく思える。
これを聴けば、ロックが熱かった1975,6年頃を思い出す方もいらっしゃると思います。
ノリノリのハードロックで車の中や昼間にガンガンと掛けて聴くには持って来いの音源。
ジャケットも良く気に入っております。

最初はカセットテープで聴いておりましたのでLPが欲しいと思っておりましたが、時代はCDになりまして紙ジャケCDが発売されたので飛び付いた次第。
これは、リマスターが新しくなく忍とも勘とも。
最近発売された高音質CDでは最新のリマスターがされている事を祈ります。
copyright © 2005 アルフレッドBLUE~Seven Standard and a Blues all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。